ライザップKBCオーガスタゴルフトーナメント2016

ライザップKBCオーガスタゴルフトーナメント2016初日を見に行ってきた

福岡糸島市の芥屋ゴルフクラブで行われた男子ゴルフトーナメント初日を観戦

kbcオーガスタゴルフトーナメント2016

ライザップがメインスポンサーのゴルフトーナメントに行ってきた

 

福岡県糸島市にある芥屋(けや)ゴルフ倶楽部で8月25日(木)〜28日(日)まで開催されている男子ゴルフトーナメント「ライザップKBCオーガスタゴルフトーナメント2016」に初めて観戦に行ってきました。

 

初めてのプロゴルフトーナメント観戦だったのですが、プロの打つ球を初めて近くから見ることができ「やっぱプロはすげー」という途方もない感想だけが残りました(笑)

 

石川遼と弟の石川航君のプレイも見ることができました。大体13組〜20組あたりのプレーを6番ホール〜9番ホールで見ていました。ティーショットではプロでも結構右左に曲げたり、アプローチではグリーンを外しても1ピンの位置に寄せる技術はさすがですね。

 

しっかり観戦するなら組み分け表と地図は必須

kbcオーガスタゴルフトーナメント2016 パンフレット

受付でもらえるパンフレット、組み分け表は観戦するのに必須ですね

 

kbcオーガスタゴルフトーナメント2016 コース図

プロトーナメントと普段は回り方がかわるようです

 

kbcオーガスタゴルフトーナメント2016 組み分け表

組み分け表とリーダーボードを見ながら見たい選手の場所へ一直線

 

初めて行って感じた観戦のコツを紹介します。

 

1組目の選手たちは朝7時からスタートしますのでとても早いですね。ネットでも組み分け表が公表されていましたのでお目当ての選手はどちらかでチェックするといいと思います。

 

大体最寄り駅から無料シャトルバスか、車で行く場合は周辺にギャラリー用駐車場があります。ゴルフ場の駐車場には関係者のみしか停められません。タクシーで乗り付ける人もいたようです。

 

ゴルフ場に着いたらまずはリーダーボードで選手が今どのホールにいるかをチェックします。今回は石川遼選手が出場していたのでまずは一目見たいと思いました(笑)

 

これから選手が回るホールを予測してうまく追いつけるように目的のホールへ移動します。夏の終わりとはいえ、とても暑かったです。木の陰に入ったり日傘や帽子、タオルは必須ですね。

 

 

ティーショットは選手の後ろがおすすめ

最初はドライバーのティーショットがみたいと思っていましたが、選手の横から見ていると球筋が空に消えてわからなくなりますので、しっかり球筋まで見たいなら選手の真後ろがおすすめです。意外とプロでも右に左に曲げるんだなーと思いました。

 

アプローチやセカンドショットでアイアンを見るというのも面白いですね。大体選手のティーショットが落ちる地点のあたりにいれば、選手のアイアンショットを見ることができます。グリーン周りにいればアプローチショットでグリーンに落下するところをみれます。(選手は遠いです)

 

グリーンを外してもウェッジでの寄せなどが見れますから選手の小技や技術が見れるところですね。

 

あと、トイレは結構離れているケースがあり、行きたくなってもそこらへんでできるわけではありませんので注意が必要です。フェアウェイの反対側で渡る場所も決まってたりしますから戻ったりしないといけませんのでトイレは早めに行かれた方がいいです。

 

 

人気選手は団体様で移動になる

人を一番集めていたのはやっぱり石川遼選手でした。団体になってましたね。ほかの選手はあまり人気のない組だとホントちらほら。ちょっとかわいそうでしたね。

 

選手はフェアウェイを歩いていくので横からついていくのは結構大変です。こちらはラフだったり道になってませんから。しかも人気選手だったら団体様になるので余計遅いです。先回りしてセカンド地点で待てるような動き方が必要だと感じました。ティーショットは後ろから見たいんですけどね。

 

場所取りをして色んな選手のショットを見るなら折り畳みの椅子やシートは必要ですね。ラフの上なんでそんなお尻は汚れないと思いますがあったほうがいいです。

 

木陰から見れたら最高ですね。観戦しているときも日向はとても暑かったので日傘が大活躍でした。

 

 

まとめ

前から行きたいと思ってたゴルフトーナメント観戦。残念ながらライザップの特設ブースはありませんでしたが、それでも十分楽しむことができました。チケット代も前売りで2500円(1日券)でしたので都合がつくのであればぜひ行ってみてもらいたいですね。

 

トップページへ戻る