ライザップゴルフで受けたレッスンレポートをご紹介します。

実際にライザップゴルフに通っている管理人のライザップゴルフレッスンレポートです。一体どんなレッスンをやってくれるのか気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

レッスン1回目
  • アドレスの仕方
  • パター
  • 5〜10yのアプローチ

レッスンレポートはこちら

レッスン2回目
  • 30y、50yのアプローチ
  • グリップの握りの順番

レッスンレポートはこちら

レッスン3回目
  • 30y、50y、70yのアプローチ
  • フルスイングのトップ位置をチェック

レッスンレポートはこちら

レッスン4回目
  • ハーフスイング、フルスイングでしっかり体を使って振り切る
  • トップでの手首の角度をキープして振る

レッスンレポートはこちら

レッスン5回目
  • ハーフスイング、フルスイングを下半身から体を使って振り切る
  • トップの手の位置は9時の高さ
  • クラブヘッドは上から降りてくるイメージ

レッスンレポートはこちら

レッスン6回目
  • ハーフスイング、フルスイングを下半身から体を使って振り切る
  • トップの手の位置は9時の高さ
  • ボールをつかむ練習としてフックボールを打つ

レッスンレポートはこちら

レッスン7回目
  • バランスボールに座って打ち、ヘッドが上から降りてくる感覚を養う
  • トップでの両手の位置は9時の高さまで
  • ボールがつかまる練習としてフックボールを打つ

レッスンレポートはこちら

レッスン8回目
  • 傾斜別のショット(左足下がり・つま先下がり)
  • ドライバー・FWはハンマー投げのイメージで振る
  • トップの両手の位置は9時の高さ

レッスンレポートはこちら

ライザップゴルフのレッスンレポート記事一覧

1回目のレッスン内容2m、3mのパター逆目のアプローチショットチップショット(5〜10ヤード)最初の1回目のレッスンはパター、アプローチのみとなりました。手首を動かしている癖があるということでバックスイングは手首を動かさないように言われました。また、アドレスのときには最初軽くお辞儀してから膝をまげてアドレスをしていましたが、それだと軸ができていなくブレてしまうタイプのようです。先に膝を曲げた方が軸...

2回目のレッスン内容チップショット、アプローチショット(30、50yd)アプローチのふり幅を少し大きくしてからのアプローチショットのレッスンが中心でした。どうしてもテークバックで手首を曲げてフェースを開いてしまう癖があり、手首の角度をキープすることを徹底的に指摘されました。どうしてもテークバックで手首の角度をキープしながら体の外に離れてあげるというのが違和感があり、どうしてもフェースが開いてしまい...

3回目のレッスン内容インパクトでしっかりボールを捕まえるフルスイングのトップ位置を意識してスイングするボールに対してフェースが開いて当たるということで閉じながらボールにしっかり真上から当たりにいく軌道を意識しながらのスイングをしました。どちらかというとアウトサイドインの軌道でしょうか。フェースが閉じながら当たると左に飛びますがしっかりつかまりますので飛距離もアップしインパクトも厚くなります。フルス...

4回目のレッスン内容ハーフスイング、フルスイングでしっかり体を使って振り切るトップでの手首の角度をキープして振る今まではクラブの上げ方(バックスイング)、トップからインパクトまでの形を習いました。クラブのフェースの動きを覚えたのですが体を使っていませんでした。いわゆる手打ちです。ですので、今回は体の体幹をつかって振るとクラブを軽く振れることを知りました。しかも手をメインで振るよりも10〜20yの飛...

5回目のレッスン内容ハーフスイング、フルスイングを下半身から体を使って振り切るトップの手の位置は9時の高さクラブヘッドは上から降りてくるイメージ上半身だけ使っているので下半身もしっかり使っていくことを学びました。腰やひざなどを使って体幹を意識すると飛距離が10ヤードや20ヤードアップすることで手だけよりもアップします。前回もレッスンを受けていましたがしっかり動きに定着していなかったので今回も引き続...

6回目のレッスン内容フルスイングは体を下半身から全部使って振り切るトップの両手の位置は9時までボールを捕まえる練習として、フックボールを打つミドルアイアンでのレッスンでした。体の体幹を使うことでより飛距離アップをできるので前回に引き続き下半身を上手に使うレッスンを中心に受けました。レッスンを通してコーチからは全体的に良くなっていると褒めていただきました。今までスライスばかりでしたが、フックボールを...

7回目のレッスン内容バランスボールに座って打ち、ヘッドが上から降りてくる感覚を養うトップでの両手の位置は9時の高さまでボールがつかまる練習として、クラブフェースは目標方向、スタンスは右向き(クローズド)やっとウッド系のクラブを持っての練習をしました。新しい練習法としてバランスボールに座ってボールを打つ練習をしました。バランスボールに座って打とうとすると上から打ち込まないと手前でダフってしまいます。...

8回目のレッスン内容傾斜別のショット(左足下がり・つま先下がり)ドライバー・FWはハンマー投げのイメージで振るトップの両手の位置は9時の高さ傾斜別の打ち方ではレッスン場に小山があり傾斜をイメージしてショットを打つことができます。福岡店だけかもしれませんが、左足上がりは後ろのスペースが少ないので長いクラブでフルショットするとたぶん壁に当たります・・・左足下がりのショットは傾斜なりにアドレスして傾斜に...