ライザップゴルフ レッスンレポート

ライザップゴルフのレッスンレポート4回目

ライザップゴルフ レッスンレポート4回目

ライザップゴルフ レッスンレポート4回目

 

 

4回目のレッスン内容
  • ハーフスイング、フルスイングでしっかり体を使って振り切る
  • トップでの手首の角度をキープして振る

 

今まではクラブの上げ方(バックスイング)、トップからインパクトまでの形を習いました。クラブのフェースの動きを覚えたのですが体を使っていませんでした。いわゆる手打ちです。

 

ですので、今回は体の体幹をつかって振るとクラブを軽く振れることを知りました。しかも手をメインで振るよりも10〜20yの飛距離アップしました。

 

また、トップで手首の角度をほどいてしまう癖があり、ダウンスイングでフェースが開いてしまうことがあるのでトップでも手首の角度をしっかりたもつということを教わりました。

 

シュクダイ

  • タオルの片方を結んでの素振り(体幹で振る) 10回×3セット
  • ヘッド側を持っての素振り 10回×5セット

 

レッスン中もタオルの片方を結んで体幹で素振りをするとクラブを体幹でふることが理解できます。これを家でもシュクダイとしてでました。

 

また、ヘッド側を持って素振りすることでこちらも体幹で振ることが理解できるというものです。

 

5回目のレッスンレポートにつづく