つま先上がりやつま先下がりでの上手な打ち方とは!?

つま先上がり・下がりでの打ち方

ゴルフ場は平らな部分だけで打てるわけではなくて傾斜がある部分で打つこともあります。

 

まずはつま先上がりの上手な打ち方について

例えば、つま先上がりの斜面ではボールの位置がつま先よりも高くなってしまうので、どうしても地面を叩いてしまうのではといった心配が頭をよぎります。

 

そこで、つま先上がりで打つ時の注意点やコツを理解しておくと、地面をザックリということを減少させることに役立ちます。

 

つま先上がりの場合は平らな所よりボールは近くなるので、まずはボールとの距離を確認してグリップを短めに持つことです。

 

また、立ってみると分かりますが重心がどうしても後ろにずれてしまうので棒立ちになります。その為、平地と同じスイングをするには平地よりも膝を曲げて前傾姿勢を作る必要があるので、通常より膝のクッションを意識すると良いです。

 

それでもかかとに重心が乗ってしまうようであれば、太ももの内側に力を入れるように心がけると防げます。

 

つま先上がりの斜面では、いつも通りにアドレスしてもフェースはどうしても左を向いてしまいます。また、先に触れたようにクラブを通常より短く持つために振り抜きが良くなりジャストミートしてもフックしてしまうことが多いです。

 

そこで、つま先上がり斜面ではフックしやすいということを意識して、あらかじめ目標の右側を狙うのがポイントになります。その為には、ピン(目標)よりも右を向いて構えることが必要になるのです。個人のリーチの長さや傾斜角度なども関係してくるので一概には言えませんが、つま先上がりではこれらのことを意識すると良いです。

 

まとめ
  • グリップを短めに持つ
  • 膝を多めに曲げて前傾姿勢を作る
  • フックしやすいのであらかじめ目標の右側を向く

 

つま先下がりでの上手な打ち方

難しい傾斜からの打ち方の注意点やコツを知っておくと斜面でのミスショットを減らすことができます。

 

つま先下がりの傾斜では、体とボールの距離が離れるので普通にスイングしてもボールにとどかないため、初心者の方などは手先で届かせようとしてしまいます。そうするとインパクトで体が浮くなど体が動いてしまったり、手打ちになってしまったりしてトップなどのミスを誘発してしまいます。

 

そこで、ボールに届かせるために前傾角度を深くしてしまうと、今度は体の回転がしにくくなって、結局のところ同様に手先でボールに合わせる打ち方になってしまうのです。つまり、前傾を深くすることでボールの位置に近くに立つことはできても、ミスを誘発してしまうことになるのです。

 

では、基本の打ち方をつま先下がりでするためには、どのようにすれば良いのかというと、両足のスタンス幅を通常よりも広くして腰を落とすようにします。

 

このように構えることでボールとの距離を縮められますし、不安定な傾斜面でも下半身を安定させられるのでスイングにブレが生じなくなるのです。ただし、この時に前傾角度が崩れた状態で重心を落としても意味がないので、通常のアドレスにおける前傾角度を保持したまま両足を広げてスタンス幅を広げるのがコツになります。

 

このような感じで正しい構えさえできるようになれば、あとは基本通りにスイングするだけです。

 

ただ、下半身を固めたコンパクトなスイングを意識することもコツのひとつになります。それから飛距離が落ちることが考えられるので、クラブは通常の1つ長いものを使用すると良いです。

 

まとめ
  • スタンス幅を通常より広くして腰を落とす
  • 下半身を固めたコンパクトなスイングを意識する
  • 飛距離が落ちるので1クラブ上の長いクラブで打つ