ラウント中で難しい左足下がり、上がりの上手な打ち方

左足上がり、下がりの打ち方

 

ゴルフ場は打ちっぱなしのように、常に地面に平行で打てるわけではありません。打ち上げ、打ち下ろしのホールでは片足のどちらかが傾いている状態から打つことがあります。

 

一般的に難しいと言われる左足下がりでも対応できるように打ち方のコツを覚えておきましょう。

 

 

左足下がりの打ち方のコツとは

ゴルフ初心者の方だけでなく左足下がりの斜面におけるショットは結構難しくて、いろいろな注意点やコツを知っていてもまともにヒットしない気がします。

 

しかし、苦手を作ってしまっては上達しないので、左足下がりでの打ち方のコツなどを知っておくと良いです。

 

左足下がりでの打ち方のポイントは、体重と重心をどこに置くのかです。左足下がりの傾斜面では体重は左足にかかることになりますが、重心まで左足にかけてしまうと左足だけで打つことになってしまい正しいスイングになりません。

 

そこで重心だけは右に残すようにスイングするのがコツのひとつで、簡単に言うと傾斜に対して逆らわずに垂直に立つということです。

 

左足下がりの状況でボールを上げようとするのは無理ですし、そのようなことを考えるのはNGなので、低弾道をイメージして打ち出すことです。

 

打つ時のコツは低弾道で距離が伸びるので6割のショットでゆっくりコンパクトなスイングを心がけることです。この状況でのフルスイングは、大ダフリやトップになってしまう可能性か高く良いことは何ひとつないので禁物です。それから通常の状況で考えるクラブよりもワンクラブ小さ目のものを選択するのもポイントになります。

 

左下がりの傾斜面でのショットは、どうしてもボールが右に出やすいと言った特徴があるので、目標をやや左目にして狙うことも忘れてはいけないポイントのひとつです。

 

ただ、少しずつ慣れてくると自分で考えたところに打てるようになってくるので、初心者のうちは斜面とケンカしないこともコツと言えます。

 

左足下がりのまとめ
  • 重心だけは右に残すようにスイングする
  • 6割のショットでコンパクトなスイングをする
  • 右に出やすいので左目を狙って打つ

 

 

左足上がりの打ち方

練習場では常にベストな状態で打つことができますが、ゴルフ場ではティーショット以外はベストなライから打つことがほとんどできないと言えます。

 

多少の傾斜なら普通に打つことは可能ですが、10度以上の傾斜になると影響を受けるので、左足上がりでの打ち方の注意点やコツを知っておくと良いです。

 

 

左足上がり斜面のショットで最も注意しなければならないことは、右肩が下がりすぎてしまうことです。

 

右肩が下がりすぎると、どうしてもクラブが下から入ってすくい打ちになってしまいますし、スイングの軸がぶれてしまう可能性が高くなってしまいます。このような弊害を回避するためには、傾斜に逆らわずに垂直に立つように心がけることがコツです。

 

左足上がりの状態は普通に打ったとしてもボールは上がる傾斜なので、逆に低いボールをイメージして打つようにすると良いです。

 

またクラブはダフリ気味に入ってしまうことが多いので、通常よりも一番手大き目のクラブを選んでコンパクトに打つように心がけることです。そうすることによって成功する確率はアップしていきます。

 

左足上がりでの打ち方をはじめ傾斜で打つ時の練習方法としては、直径約5cmの材木などをかかとやつま先で踏み様々な状況を再現してスタンスの練習をすることです。

 

また傾斜面でも自然に垂直立ちができるように、坂道を利用して立つ練習を繰り返すと効果があります。このように工夫して練習をすることで、傾斜面での打ち方の苦手意識を克服することにつながっていきます。

 

左足上がりのまとめ
  • 斜面に逆らわずに垂直に立つ
  • 1番手大きいクラブでトでコンパクトなスイングをする
  • 低いボールを打つイメージで